So-net無料ブログ作成
検索選択

桜宮高校 バスケ部 生徒自殺 原因は顧問”小村基”の体罰!? [ニュース]

スポンサーリンク




昨年12月23日に
桜宮高校のバスケ部でキャプテンだった生徒が
自殺した事件。

自殺した理由の1つに
顧問から受けた体罰があったことが問題になっている。

体罰を行ったのは
桜宮高校バスケ部の顧問
”小村基(47)”

小村基(47)教諭は
高校バスケット界では有名なコーチのようで
ウインターカップに2回も出場に導き、
「男子U-18日本代表チーム」のアシスタントコーチや
大阪高体連バスケットボール専門部の技術委員長を務めたりなど

バスケットのコーチとして優秀だったことがわかります。

桜宮高校バスケ部といえば全国大会常連校なので
相当、熱血でスパルタな指導をしていたのでしょう。


小村基(47)教諭の年齢的に
子ども時代はスパルタ教育で育ってきた世代だ。

しかし時代は変わっていて
今の子ども達は体罰になれていない上に
少しでも体罰をすればすぐに問題になる。

それもどうかと思うが

いくら今の子ども達が体罰になれていないからといって
生徒が命を絶つをど追い込まれるのは相当なことだ。

チームを強くしたい。
そのためにはスパルタ指導・厳しい指導が必要な時があるのは分かる。

だがそのためには
そのスパルタについていく生徒・監督を信頼してくれる生徒とのキズナが大切となってくる。

このキズナが築けない人は
スパルタ教育をすべきではない!
と私は思う。



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。